レッスルマニア
業界一のメガイベント、レッスルマニアをTVでライブ観戦!






会場もすんごいけど、それをリアルタイムで観戦出来るってのがまた凄い(^^)

20180410165130f0d.jpeg

中邑真輔選手も活躍してて見所満載でした!






私が魔界倶楽部として新日本さんに御世話になっていた同時期に"神の子"としてデビューした中邑選手は、デビュー当初から独特のオーラを纏った凄い選手でした。







嬉しいですね!TVの前ではファンに戻ります。

20180410165402207.jpeg

WWEという会社の素敵だな、と思う所は常にレスラーの尊厳を大切にされている所です。







日本のプロレス界は元々、職人(レスラー)自身が作りあげた世界なので、自分が体を痛めながら世の中に提供した夢やドキドキについての見返り(対価や名誉)に少し無頓着な傾向があるように思います。








だけどWWEは、傷つきながらもリングに上がり続けるレスラーの姿を"間近に見てきた人"が「この人達は必ず報われるべきだ。世界の人々に認められるべきだ!」という思いで作り上げられた世界のように思えます。側からの感想ですが(^^)







また、こういう話になると異業種にはなりますが、身近な例で「タクシーの運転手さんが、もし自社が上場企業であれば誇らしいだろう」と上場を決意された第一交通産業株式会社さんを思い出します。






全国で15.000人以上の社員が務める、北九州市が誇る日本一のタクシー会社です。







スケールは大きく違いますが、私も、仕事やアルバイトに励みながら闘う仲間のレスラーや、後輩の給料袋を見て「違う、彼らはもっと報われるべきだ、認められるべきだ。そんな会社を作ろう」と思い九州プロレスを起業しました。







まだまだ基礎工事段階ですが(^^)







プロレスを見てドキドキすると、そんな創業時の思いが蘇ります。だから、今でもプロレスを見る時間を大切にしています(^^)







まとまりのない内容になってしまいましたが。。。選手・スタッフに尊厳を与え、地域に大きな夢を提供する。業界の先輩方に習い努力致します!

20180404062307e41.jpeg

10周年大会に向け、九州ば元気にするバイ!
【 2018/04/10 16:57 】

未分類 |
| ホーム |