FC2ブログ
2019熊本開幕!
6/23(日)は初開催、熊本県和水町(なごみまち)大会、多数のご来場いただき誠にありがとうございました!

2019062521421095e.jpeg

大河ドラマの舞台に選ばれ「さあ今年は良か年んなるバイ!」と思われた新年早々、地震に襲われた和水町。



そんな状況を見て何か出来ないかと何のツテもない中、思い切って企画しました。

20190625214639348.jpeg

ご後援・ご協賛頂いた町内の方々、準備を手伝って頂いた熊本のプロレスラブな皆様。本当にありがとうございました!



そして、そんな皆様からの共感をゼロから集約し初の和水町大会を成功に至らしめた阿蘇山先輩の郷土愛。お疲れ様でした!

201906252149247f9.jpeg

そして、この和水町大会は2019年度 熊本シリーズの開幕戦でもありました。




今年度、時期はバラけてしまいますが6〜7月&秋冬で熊本県内、合計5市町村での大会を企画しています。




熊本の熱い人、温かい人、子ども達との物語が今年度もまた始まるのか、と思うと胸が熱くなります。

20190625223216342.jpeg

震災から3年。復興は着実に進んでいる。




NEVER GIVE UP KYUSHU




プロレスの可能性を信じ今年度も熊本に元気を届けていきます。




次の日曜日(6/30)は、こちらも初開催となる熊本県上天草市!

20190625222450e8a.jpeg

九州ば元気にするバイ!!




(&ファイト・ファイト千葉!)
【 2019/06/25 22:10 】

未分類 |
千葉の未来、2AWの未来
千葉と九州との往復生活が始まり二ヶ月が過ぎた。




頼まれて請け負ったわけではなく勝手に始めたおせっかい^_^




愛する千葉に対し愛するプロレスが、もっとお役立ち出来るはず、と歯痒かった。




千葉だからこの程度。



プロレスだから生活出来なくて当然。



そんな、17年の歴史の中で社内に居座った「謙遜が肥大して出来あがった誤った観念」を打ち砕くため、私は千葉に帰ってきた。





「俺は千葉のプロレスラーだ!」



選手達が、声高に、当然の事としてそう叫べる状況を作る事が私の使命であり、その眩しい存在を地域に置く事で、地域がより輝きを増す事こそが私の心からの願いです。



バイトしながらプロとして自活出来る日を夢見て日々練習し週末に試合する。



今、こういった選手が大部分なのが現実。隠す必要なんかない。それぞれの原寸大の夢を追う姿こそが、きっと多くの方へのエールになるはず。


「プロとして恥ずかしい」その思いも屈辱も、未来へのエネルギー。どんな時だって、現状こそが未来への最大の武器だと思う。



でも、頑張っている所属選手が生活出来るかどうかの責任は当然、会社にある。



だからこそ私の責任は大きい。

201906130152086f5.jpeg

生きる喜び、そしてプロレスに至近距離で携われる喜びを噛み締め、やり切ります。





全ては九州プロレスという母体があってこそ出来る活動。九州を守ってくれている選手スタッフに感謝。




そして何より子ども四人を相手に奮闘してくれている妻に感謝。




私は、2AWの仲間と共に必ず千葉を元気にする。




今週は千葉在住の筑前りょう太^_^
【 2019/06/13 01:55 】

未分類 |
| ホーム |