ビリーケンキッドとぼく 4
ビリーとの毎朝10時からの合同ウェイトトレーニングは、私のメキシコ生活の日課であり軸でした。

月会費100ペソ(当時で約1.600円!)のPORTALES駅前のジムで、毎日3時間みっちり。


2人で、それぞれの身体を痛めつけ合いイジメ抜きました。

当時、メキシコ人の事が、あまり好きでなかったぼくら(笑)は、ジムの他の会員さん達と親しくするワケでもなく、完全に2人の世界に没頭。

ジムの一角で打撃合戦を始めたり大声を出したり、、、自国人以上に賑やかなアジア系二人にメキシコ人もビックリ(というか迷惑?)だったろうなぁ、と思います。

ビリーとの合同トレは毎日が、自分の将来との勝負であり、彼との勝負でした。

だから負けられなかった。

辛かったメヒコ生活を闘い抜けたのは、いつも明るいあいつと日々勝負をしていたからだろうな、と改めてビリーに感謝しています。
【 2012/02/26 23:00 】

九州ば元気にするバイ! |
| ホーム |