大石真翔

サンボ(大石真翔)は2002年に初めて会った時から特別、純粋で優しい男の子でした。


彼のカラダを少しでも大きくしようと毎晩ウチで吐くまでご飯を食べさせたり、筑前との試練の連戦を組んだり、タッグを組んだり。。。


明るい未来の匂いのする彼と関われる事は自分の喜び、でした。


5年前、KAIENTAIDOJO退団の際、彼はヒールユニット「オメガ」の一員であり、彼との間に句読点を打つ事の出来ぬまま私は九州に帰って来ました。



その心残りをずっと感じていたなか、ある日、彼が「九州ば元気にするバイ!」をマネてる姿をネットで目撃しました。



本音を言えば、嬉しくないはずがない、です。


でも気がつけば、自然にレスラーとして怒りの感情を前面に出していました。


それは大好きな後輩、大石との間にある、記し忘れた句読点を打つチャンス、という潜在的願望がそうさせたのかもしれません。



今夜の試合は、久し振りに、あのサンボと会えたなあ、そんな喜びを噛み締めた一戦でした。




これから、また彼が再び自分をタネに悪ふざけする事も考えられます、が、望むトコロです^_^



その時は、また喜んで怒りの制裁をさせていただきます^_^



サンボ、ありがとう!
【 2013/12/15 23:14 】

九州ば元気にするバイ! |
| ホーム |